アコムの審査は、甘いのか厳しいのか?

このページではアコムの審査について、
審査通過率と自身の体験を元に解説していきます。


貸金業法の改正前よりも、
審査は厳しくなっているということは確かですが、
個人の意見を言ってしまうと、審査は厳しくはないと考えています。


確かに他社借入があると融資を断られてしまう…
融資してもらえる額が少ないといった可能性はありますが実際のところ、
甘いといっても過言ではないのが現状です。


ではなぜ、アコムは審査が甘いと考えるのか?
根拠やデータを紹介していきます。


審査は誰でも受けるコトができるのか?

基本的に審査を受けるための条件が甘いです。


まず無職や収入のない専業主婦以外で、
20歳以上で安定した収入さえあれば申し込みはできるからです。


即ち、20歳以上でどこかで働いていて、
収入さえあれば、審査をしてもらうコトは可能ということです。


審査基準って甘い?

審査の基準はブラックボックスで非公開ですが、
毎月一定の収入がある方なら返済能力があると判断されると考えてもいいでしょう。


ただし、審査を受ける前に、
申込フォームへ記述した情報で審査に落ちてしまうかも…
と他社借入を申込時に隠すのは絶対にNGです。


仮審査まではデータベースを利用した、
自動的な審査ですが、仮審査後の最終的な審査自体は、
人間の目で行うため、嘘の記入をしてしまうと…
審査に対して厳しくなります。


なぜ嘘の記入がだめなの?

実は審査時には、
CICなどの信用情報機関への確認が行われます。


↓申し込み画面を進む同意事項に表示される


そして得られた信用情報には、
全て審査に対しては記述されているので、
他の業者からどれだけ借入しているのかは全てわかってしまうのです。


また過去に何か問題を起こしている場合、
例えば、きちんと返済していなかった…なんてことも、
隠してもわかってしまいます。


特に過去5年以内に何等かの問題を起こしている人なら、
さすがに審査に甘いと言われるアコムでも融資は難しいと言わざるを得ません。


とにかく、申し込み時は嘘の記述は、
マイナスにしかならないので、正直に記入するようにしましょう。


審査に通過できるか?まず審査に落ちそうなことをチェックしてみる

審査に通過するかは申し込みをして初めてわかるものです。


ただアコムの審査申し込みページに、
「借入可能なのかどうか3秒診断」というものがあります。



これを利用するコトで、
現在の状態で貸付が出来るのかどうかという事がわかります。


これで貸付不可と判定されなければ、
審査通過できる可能性は大いにあるといえる、
ほぼ心配しなくても問題はありません。


アコムの審査に落ちる理由ってどんな理由?

アコムの審査に落ちる理由についてですが、
以下の理由が挙げられます。

  • 他の消費者金融から、年収の3分の1以上の借入をすでにしていないか?
  • 過去に借入を踏み倒したり、長期返済をしなかったことがある
  • 直近半年以内に多数申し込みをした

このようなことがなければ、
審査に落とされる可能性は激減します。


一番、審査通過が難しくなる理由が、同時申し込みを行う

アコムは後述しますが、
全業者の中で審査通過率が最も高い業者です。


つまり、最も審査が甘いといっても過言ではないのですが、
審査落ちで最も厳しい部分が、同時申込です。


同時申込とはどういったことかというと、
少しでも多くのお金が必要だから色んな業者に申込をするといった行為です。


同時申込に関して審査時に、
信用情報を照会するスピードが最も早いのがアコムです。


審査申込から数風後に照会、
最終的に審査通過し、借入限度額の決定時に人間の目で再度照会します。


2度信用情報を開示するのはアコムだけで、
この時に同時に申込をしていた場合は、申込情報欄や、
情報を開示した業者が一覧として出ます。


この時に、同時に申込をしたのかどうかはわかりますので、
ここで審査に落とされるコトもあります。


私の場合、150万円どうしても必要で、
50万円づつ3社に同時申込をした時があり、唯一落ちたのがアコムでした。


アコムから落ちたので、
他の業者に申込したのですが4社目は通りました。


全て大手消費者金融の話ですが、
アコムに関しては、同時申込をする事に対して非常に厳しい判断をしていると体感しました。


アコムの審査は甘いのか?新規貸付実績から考えてみる

アコムの審査を純粋に判断する指標があります。
それは「新規貸付実績」です。


新規貸付実績は読んで字のごとく、
新規借入を希望する人に対して貸付(融資)を行った数値です。


要するにこの数値が高ければ高いほど、
申し込み後、融資してもらえた人も多いということになります。


そこで貸付実績を大手消費者金融3社で比較してみました。
データは2016年4月〜9月のものです。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月
アコム 47.2% 48.2% 48.7% 48.0% 49.2% 48.6%
プロミス 42.4% 44.0% 44.3% 41.9% 44.2% 43.9%
アイフル 45.9% 47.0% 47.5% 44.8% 47.0% 47.0%

こう見ていただくと、
アコムの貸付実績が高いことがわかりますよね。


なので実は消費者金融の中でいえば、
アコムは非常に審査に通る可能性が高いということが判断できるのです。


以上のことからも私が考えるに、
大手消費者金融の中でどこを利用するか考えるのであれば、
アコムを選択することが審査に通る可能性を高めることができると考えています。


アコムも審査時に行われる在籍確認は重要?いつ行われるのか?

審査に甘いとはいえ、
アコム審査時の在籍確認は重視しています。


在籍確認が取れないということは、
申し込みの時に申告した働いているところにいない、
安定した収入を確認できないからです。


ですから、アコムから働き先にある在籍確認の電話は、
必ず取れることが融資をしてもらうための絶対条件となります。


またこの在籍確認ですがタイミング的には、


申込→審査完了の連絡→本人確認書類提出→「在籍確認」→契約


本人確認書類提出を行い、
最終的な審査の一つに在籍確認が行われる流れです。


この時に会社に電話して欲しくない人は、
仮審査終了の連絡時に伝えることで、場合によっては、
書類のみの提出で在籍確認を完了するコトも可能です。


書類の提出で在籍確認ができる場合、
収入証明書(源泉徴収票や給与明細)などで代えれる可能性があります。


在籍確認は必ずしも当日中じゃなくても大丈夫!

在籍確認が出来ないと契約は出来ない…
と考えている方もいると思います。


しかし会社への連絡が取れないことによって、
契約することが出来ないということはありません。


在籍確認は申し込みした、
当日の内に行わなければならないという訳ではないからです。


その日に会社に連絡できない場合は、
後日にスライドすることも可能です。


実際に私の場合ですが、審査を行った当日は、
「会社が休みで電話に誰も対応できない」といった旨を伝えると、
後日でも大丈夫という返答をもらいました。


この後日にスライドしたとしても、
結局は在籍確認を行う必要があるのですが、
確認を行う日時の指定などは断られるコトもあります。


ですが指定できる可能性もありますので、
一旦、自分の都合のいい時間にしてもらう交渉はしてみましょう。


今すぐアコムの申込したい人はこちらです!